●2027x、稼働中ですねー。もう打ちましたか?
結局2027の解析が未確定な部分を一杯残しているのは、この2027xの存在があったからなんでしょうね。システムはほとんど同じのようですし。
ってことで、久々にスロネタで攻略っぽい打ち方を書いてみました。
よろしければご参考にどうぞ。

  • 前作との共通点、相違点

  • 基本スペック

  • ゲームの概要

  • ゲームシステム解説(メイン)

  • ゲームシステム解説(詳細)

  • 通常時の打ち方

  • BM時の打ち方

  • まとめ


■前作との共通点、相違点


共通点
・基本的な所は打ち方も含め、前作とほぼ同じであると言って良い。
相違点
・BM(バトルモード:後述)の1G目にキャラのカットインが入り、継続率を示唆してくれる。
・高設定の機械割が上がっている。
・低設定の機械割が下がっている。
・BMの最高継続率が98%に格上げ。
・777揃いのスペシャルリプレイを引いた場合、継続率98%の抽選が行われる。これに漏れた場合でも95%の継続率が選択される。
・777揃いのスペシャルリプレイ出現率が大幅に下がっている。(1/1260~1/1820)
・チェリー成立時のモード移行率(後述)を変更+設定差有り
・高設定では高確モードの転落率が下がっている。

■基本スペック


設定 JACBONUS 単独ボーナス 機械割
設定1  1/99  1/16384  95.51%
設定2  1/98  1/16384  97.64%
設定3  1/98  1/16384 100.73%
設定4  1/97  1/16384 104.08%
設定5  1/96  1/16384 108.88%
設定6  1/96  1/16384 118.06%
スペシャルリプレイ確率
設定1 1/1820
設定2 1/1638
設定3 1/1489
設定4 1/1365
設定5 1/1260
設定6 1/1260
設定6の機械割が118%と前作に比べ高くなっている。これは継続率98%が用意されたことや、高確モード時の転落率ダウンの影響が大きそうだ。

■ゲームの概要


※こちらは前作の2027を理解済みなら、飛ばして頂いて問題無いです。
2027Xは前作同様、バトルモード(以下、BM)と呼ばれるART(アシストリプレイタイム)をメダルを増やす手段のメインとしている。
よってボーナスはREGのようなJacinしか存在せず、Jacinしても28枚しか増えない。
BMに突入すると、続けていく内に少しずつメダルが増えていく。これを20ゲーム1セットとし、終了するか、再度20G上乗せされるかを継続率に従って抽選する。無論、継続率が高ければ高いほど、メダル獲得のチャンスとなる。
ただし、このBMはボーナス成立後のRTを利用している為、適当に打つと自らBMを終了させてしまうことが出来る。これをやってしまうと物理的にも精神的にも大ダメージであるので、BM時は油断せずに確実に決まった打ち方を守る事が大切である。

■ゲームシステム解説(メイン)


2027(X)のシステムにおいて、必要な概念は以下の通り。
・高確モード
・BM継続率用ポイント
・潜行モード
・スペシャルリプレイ
まず、この2027でメダルを増やす手段はBMしか無いと言っていい。
となれば、メダルを増やすには「BMの初当たりを増やす」か、「BM1回の長さを伸ばす」といった方法を取れば良いことになる。
・高確モード
BMの初当たりに関係しているのが、1番目の「高確モード」である。
この「高確モード」中に引いたボーナスはBMに成る。逆に、「高確モード」中に引けなかったボーナスは、ただの28枚で終わる。虚しいものであるが、諦めるしかない。
現在の状態が高確モードであるかどうか、完全に見分けることは難しい。(演出である程度推測する事は可能である)
・BM継続率用ポイント
BM1回の長さを伸ばすには、20ゲーム1セット毎に行われる抽選の継続率を高める必要がある。
継続率は北斗の拳のようにBM突入時に抽選で決定されるという訳ではなく、通常ゲーム中に稼いだポイントが1ポイント=1%として上乗せされるシステムである。
継続率のベースは70%で、ポイントが無い状態でBMに突入しても継続率70%のBMとなってしまい、はっきり言ってすぐ終わる。
ポイントは1回のBMで25ポイントまで消費され、最大95%の継続率となる。余剰したポイントは50ポイントまで次回のBMに持ち越される。
・潜行モード
継続率として使用されるポイントを貯めることが出来るのが、潜行モードである。潜行モード中に引いた子役に応じて、ポイントが加算されていく。溜まったポイントを具体的に計算することは出来ない。ただ、演出である程度推測する事は可能である。液晶に潜行モード中!と表示された場合は潜行モード中である事が確定するが、表示されていない場合でも潜行モード中ということはあり得る。ある程度の推測は可能だが、完全に見極める事は難しい。
・スペシャルリプレイ
ただし、例外として777揃いのスペシャルリプレイがある。
これは引いただけで「高確モード」に居なくてもBMに突入する上に、継続率はポイント未使用で継続率98% or 95%が確定する。期待したらすぐ終わって裏切られると思いつつも、期待せずには居られない精神状態となる。
・この項のまとめ
潜行モードでポイントを貯めて、高確モードでボーナスを引いて、長いBMをゲットし、メダルを獲得しましょう。

■ゲームシステム解説(詳細)


メインであげた項目、それぞれの確率や契機について解説する。
・高確モード
高確モードでボーナスを引かないとBMにならないのは前述の通り。
この状態にするには以下の方法がある。
チェリー成立時の約1/4~1/5で突入
JacBonus終了後の100%
設定変更後の1/2
チェリー成立時の移行率には設定差があると考えられる(未確定情報)
この高確モードは、チャンスリプレイ(緑のレーダー揃い)を含む、リプレイの約50%で転落するとされており(未確定)、はっきり言って落ちまくりである。
・潜行モード
潜行モードでポイントを貯めないとBMが速攻終わるのは前述の通り。
この状態にするには以下の方法がある。
チェリーの約1/4.5
潜行モードは転落システムではなく、1回の当選につき、10G固定である。
潜行モード中に再度チェリーを引いて、潜行モードに当選すると、10G上乗せされることになる。普通の潜行モードではなく、「スーパー潜行モード!」と表示された場合、この上乗せされている状態であることが分かる。
潜行モード中に引いたチェリーで1~10ポイント、10枚役で1~5ポイント貯まるとされているが、ここらあたりも未確定情報であると思った方が良いだろう。

■通常時の打ち方


打ち方は、前作2027と全く同じで良い。
※中→左→右の順で消化する。
中リールの枠上に赤7を狙い、中段に赤7が停止しなかったら後は左右フリーで良い。
中リール中段赤7停止の段階で、チェリーorスペシャルリプレイが確定するので、左リールにも赤7を狙う。
テンパイした場合は昇天してOKで、チェリーを引き込めば右フリーで速やかにスルーすべし。
ちなみにスペシャルリプレイフラグを引いた場合、赤7が揃うのはそのゲームだけで、意図的に狙わなかった場合は緑レーダーのチャンスリプレイ揃いとなる。
勿論、この場合でもフラグはスペシャルリプレイなので継続率98% or 95%は確定しているので損をすることは無い。

■バトルモード(BM)中の打ち方


こちらの打ち方も、前作2027と全く同じで良い。
※液晶ナビに従って消化する。
・赤7が表示された時
左リールに赤7狙い、後フリー
・青7が表示された時
左リールに青7を狙い、後フリー
・BARが表示された時(注意!適当に打つとBM終了の可能性があります)
左リールにBARを狙い、中、右、共に赤7を狙う。
BARを避けるのが大事です。
・チェリーが表示された時(注意!適当に打つとBM終了の可能性があります)
左リールに赤7を狙い、後フリー
BARを引き込んでチェリーを獲得できない場合があるので正確に狙う
・ナビ無しの場合(注意!適当に打つとBM終了の可能性があります)
左リールに赤7を狙い、後フリー。
BARを避けるのが大事です。

■まとめ


勿論設定6を掴めれば最高な訳ですが、それ以外は前作よりもやけどしやすいといった感じでしょうか。
波も前より荒くなってそうで、それなりの覚悟を持って挑まなければならないかもしれません。
★『可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 紗雪と添い寝セット』 ★『この素晴らしい世界に祝福を! 三嶋くろね描き下ろし 抱き枕カバー「アイリス」』

人気ブログランキングへ