●パチスロではあまり無かった事だが。。
玉を打つようになって、特に何が起こるわけでも無くただ画面を眺めている時間に気づいた。
スロの場合演出を抜きにしてさえも、メダルを入れ、ボタンを押して止めるという作業がある(しかもほとんどの場合左リールは狙う)
故にハマリを喰らってもイラつくだけで時間をもてあますということは無い、というか無かった。
しかしパチンコの場合は別だ。
保留玉3止めやステージ止めなどはほとんど意識しなくても(してもスロに比べては低い)自然と行える動作だからだ。
それに完全確率主義な俺に取っては、あー当たりそうかも?という熱め目の演出が出ない限り、他の演出には意味が無い。オカルトなら知らんけど。
だから大したリーチもかからずにぼーっと回転数だけを重ねていく間、色々と考えてしまう。
まぁ当たりが引けなくてテンションが低い訳だからネガティブな考えになってしまうわけだが。。
昨日考えていたのは「あー、なんで俺昼間っからこんな所でこんなことしてんだろー」
という議題が上がった。
ふむ、そもそもの始まりは高2までさかのぼるだろうか。クラスメイトのKJ氏に家にあるパソコンをインターネットに繋げる環境にしようぜ、と言われたのが引き金だったかと今では思う。
その後はテレホ→ROR等のネトゲ→秘密→ICQやらWebチャットやらとまぁ一般的な高校生ではないかなーという生活を送っていた。
そしてテレホーダイという深夜から朝までにかけての生活のおかげで、授業中はほぼ睡眠時間となった。
自分で言うのも何だが脳の基本スペックはそれなりにあった(人間誰でもやれば出来るものだと思うが)ので小中、高1年までは普通に授業を聴いているだけで問題なく取れてたテストの点数(過去の栄光だがきっと学年でTOP10以内キープ、虚しいぜ)が、この睡眠のおかげでジャグラーの告知ランプをみるより明らかに下がって行った。
が、ガキなので特にテストの点などどうでもよかった。ネット、楽しいネ。↑の「秘密」のおかげで今も繋がりが出来てる人が大勢いるのでそれはそれでよかったと思う。
まぁそんな生活が続いて、受験勉強もハッキリ言って適当だった。
で、まぁ受かった所に入った。別に将来の事や自分の為とか、何も考えず。一応それっぽい学部にしておいたが。
そして、たまたま入学式の説明会だったのかな。そこで隣に座っていたU氏と出会う訳である。
後はU氏に初めてホールに連れていかれ、実機初打ちドンちゃん2。2回目に打ったのがコンチ4X(どんな機種選びだったのだと今ではつっこめるが(笑))と、俺はスロの道に入っていくのであった。
はー、そういう訳で俺は今ハマリをくらってるんだなー。深い、深いぜ!というか長いぜ!
ほんと、人の出会いっていうのは何を引き起こすか分からんよ。。
でもま、引きこもり+スロプーという最強属性を持つ俺にはこれらを消すまで人生に影響を与える出会いはなさげーだね?(嘲)
まーこんなあほな事を考えるぐらいハマリ中は暇だってことだ。
高齢者が他人のリーチをえっらいのぞき込んだり、話しかけてきたりするのが分からんでも無い。
うっといから無視するけど。
★『可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 紗雪と添い寝セット』 ★『この素晴らしい世界に祝福を! 三嶋くろね描き下ろし 抱き枕カバー「アイリス」』

人気ブログランキングへ